カスタマイズの基礎知識

ハードディスクについて

【マウスコンピューター】ノートPC一覧
ノートPCでは、最新で高い機能をもったパーツから、お好みに合わせてカスタマイズ(BTO)してご注文できる、コストパフォーマンスの高いPCを揃えています。
www.mouse-jp.co.jp/m-book/

5年間買い取り保証:詳しくはこちら

パソコンとBフレッツ同時お申し込みでキャッシュバック

パソコンの用途がインターネットやワープロや表計算などであれば、80GB程度のハードディスクがあれば大丈夫でしょう。しかし、デジタルカメラやテレビの録画など、映像や音楽関係を余裕を持って楽しむためには、より大容量のハードディスクが必要です。


ハードディスクは容量が大きい方が使い勝手がいいので、予算の範囲内で出来るだけ大容量のハードディスクを選択することをオススメします。ハードディスクも以前に比べて随分安くなってきたので、気軽に大容量のハードディスクが購入できるようになりました。


通常、ノートパソコンのハードディスクの増設は、内蔵しているハードディスクの差し替えか外付けで行うことになります。外付けでハードディスクを増設する場合でもUSBなどを使って簡単に接続することが出来ます。


不思議なことに、ハードディスクはあればあるだけ使ってしまうものです。今すぐに大容量のディスクを使用する予定が無くても、とりあえず大容量のハードディスクを用意しておけば、将来の楽しみの幅が広がります。


容量の他にも回転速度も要チェックです。回転速度は「rpm」という単位で表しますが、ハードディスクの1分間の回転数のことです。この回転速度が速い方がデータの読み書きが速くなります。5400rpmよりも7200rpmの方がより高速という訳です。

2007年10月12日 22:07